軽自動車のユーザー車検に行ってきました

こんにちは。梅雨入りして蒸し暑い日が続いてますね。

それでは早速ですが、今回は軽自動車のユーザー車検に行ってきました。年数も10年経過して近いうちに新しい車に買い替えるつもりでもあったので、あまりお金をかけずに車検を通したくて、ユーザー車検を選択しました。しかし、軽自動車のユーザー車検について、情報があまり出てこなかった(古い?)のでこのブログが参考になればと思います。

 ちなみに、軽自動車と普通自動車の車検場は違います。予約サイトも違いますので注意してください。

 

 

目次

  1. ユーザー車検とは
  2. 予約方法
  3. 事前準備(注意点)
  4. 当日
  5. おわりに

 

       1.ユーザー車検とは

 

 ディーラーやガソリンスタンドに持ち込むのではなく、自分で車検場までいき車検を受けることです。車検場(運輸支局)は各地域にありますので一番近い場所で受けることが可能です。

 

 車検の流れとしては、

  1)軽自動車検査協会予約サイトで予約(今回は軽自動車のため。)

  2)必要書類の準備

  3)車検日

 

 

       2.予約方法

 

 軽自動車検査協会のサイトより会員登録をおこない、軽自動車検査予約システムからログインし、

「継続検査」(一般的にはこちらになると思います)

  ↓

地域を選択

  ↓

一番近い事務所・支所・分室を選択(継続検査は全国の好きな場所で受けることが可能なようです)

  ↓

カレンダーより検査予約ができる日が表示されますので、検査日を選択(1日に4ラウンドあるため、好きな時間を選択可能)

受付時間は参考として次のとおりです。(変更があるかもしれませんので必ずご確認お願いします)

1ラウンド 8:45~10:00 2ラウンド 10:15~11:45 3ラウンド 12:45~14:00 4ラウンド 14:15~15:45

  ↓

車両番号、有効期限の満了する日を入力(車検証で確認)

 

以上で、検査日の予約は完了です。

予約後、登録したメール宛に予約情報が届きます。予約の確認、取り消し、変更は簡単にできるので、とりあえず希望の検査日が決まっている場合は先に予約するほうがいいかもしれません。(私が受けた検査場は1日後の朝は検査予約できない状態でした。)

 

 

       3.事前準備

 

 事前準備としては、次のものが必要になります。

 ※あくまで必要最低限です。詳細にあっては必ず軽自動車車検協会のサイトでご確認ください。

 

 ・自動車検査証の原本(コピー不可)

 ・自動車検査証に記載の使用者の方の印鑑(車検証にある使用者と実際に検査に行く人が違う場合は注意)
   個人の場合は、認印または署名
   法人の場合は、代表者印または署名

  ※継続検査申請書又は申請依頼書の使用者欄に押印したものでもよいみたいです。(委任状みたいなもの)

 ・軽自動車税(種別割)納税証明書(コピー不可)

 継続検査申請書(検査場でももらえるためどちらでもよい)

 ・自動車重量税納付書(検査場で手続きができる)

 ・軽自動車検査票(検査場で30円で販売してました)

 ・自動車損害賠償責任保険(共済)証明書(いわゆる自賠責保険です。検査場で継続手続きできました)

  ※自賠責に関して、私が行った検査場では手続きできましたが、他のサイト等で調べたら、できないと記載されていますので、場所により違いがあるかもしれません。もし、検査場で手続きができない場合は事前に保険会社等で手続きの必要がため、検査場に確認したほうがいいかもしれません。

 

 ・点検整備記録簿(検査の参考として使用するとあるため、なくても問題ないかも?)

 ・その他

  放置違反金等の滞納者は、放置違反金を納めたことを証明する書面や、タカタ製エアバックのリコールが済んでいることを示す改善措置済証が必要だそうです。

 

 

       4.当日

 

 私は朝の1ラウンドで予約してましたので、8時30分頃車検場に行きましたが、業者と思われる方がすでに20人ほど来ていました。

 8時45分に窓口が開きますので、ユーザー車検で来たことを伝えると結構親切に教えてくれました。渡された書類を記入し、言われた通り順番に窓口(重量税、自賠責、検査料)に行くとすぐに手続きは終わります。特に並ぶこともなく終わりました。

 ちなみに、私が検査を受けた時は、持ち込み検査料1400円、自動車重量税6600円、自賠責約21000円ほどでした。

 

 手続きが約20分ぐらいで終わると、そのまま車に乗り車検場があるコースに入ります。私が行ったところは1~3コースあり空いている場所に入ったらOKでした。

 

各コース8台前後でした。だいたい20~30分ぐらいで順番が回ってきます。

 

f:id:damepapa777:20200614010414j:image

 

 ユーザー車検初心者であることを示す初心者マーク(受付でもらえた)をダッシュボードに置いてあるため、丁寧に教えてもらいながら無事終了しました。

 

f:id:damepapa777:20200614010129j:image

 

 ただ、前々回の車検終了証を貼っていたため、剥がさなければ車検が通らないらしく剥がしてからもう一度コースに入り直しました。

 

f:id:damepapa777:20200614010342j:image

 

 すべてが終わると車検終了のシール等をもらってそのまま帰ることができます。(9時45分に終わりました)

 

 

       5.おわりに

 

 今回、軽自動車のユーザー車検に初めて行きましたが、意外とすんなり終わるなという印象でした。普通自動車のユーザー車検も過去に行ったこともあるのですが、この時は車の台数も多く2~3時間の時間を要しました。また、初心者であっても全然教えてくれず、四苦八苦した思いがありました。場所によるかもしれませんが事前に検査の流れ等を軽自動車検査協会のサイトで動画があるので確認してから行くのがいいかもしれません。

 また、今回私は前日まであまり調べずに検査日を迎えたため検査場に行くまで不安なことがありました。上でも説明しましたが、自賠責が当日更新できるかです。あるサイトでは軽自動車の車検場では更新できないと記載があったためです。(普通自動車は更新することが出来たので同じと思ってました)

 もしかしたら、たまたまできただけなのかもしれませんので、行く前に必ず各検査場で確認したほうがいいと思います。

 

 ほんとに最後に、ユーザー車検はあくまで車の状態を確認するだけです。受けたら故障しないとかではないので、日ごろからプロによる点検や、メンテナスを受けることをおすすめします。